民事再生による解決は住宅のローンを含め複数の債務に苦しんでいるひとを対象に住宅を維持しつつも経済面で再建するための法的機関を通した債務を整理する道として2000年11月にはじまった解決方法です。仕事 辞めたい アフィリエイト

民事再生は、破産宣告のように免責不許可事由がありませんので賭博などで借金ができたような場合も申請は可能ですし、自己破産をした場合は業務禁止になる危険のある業種で働いているような方でも手続きが検討可能です。

自己破産制度では住居を対象外にすることは許されませんし任意整理と特定調停では、借金の元金は完済していかなければなりませんので住宅ローンも支払いながら返していくことは難しいと思われます。

ただし、民事再生による処理を採用できれば、住宅ローンのほかの負債は多くのお金を削減することが可能なため、余裕を持ちながら住宅ローン等を払い続けながらそのほかの債務を返していくこともできるということになります。

民事再生による整理は任意整理による手続きまたは特定調停等と異なり特定の債務だけを除外扱いして手続きすることはできませんし、自己破産におけるように負債それそのものなくなってしまうわけでもありません。

それに、他の解決方法と比べてある程度簡単には進まず時間もかかりますので住宅ローンなどが残っていてマンションを維持する必要がある状況などを除外して破産申告のような他の方法がない場合だけの最後に考える解決策とみなした方がいいでしょう。