任意整理というものは普通は債務の整理とも言われており、おのおのの貸方に対して借金の支払いを行うことを前提とした借金を整理していく選択になります。実際としての流れは、司法書士の資格を持つものあるいは債務処理経験のある弁護士貸し手と借り手の間に立って相談し合い、法に従って利息の再考慮を行って新たに計算した借りたお金の元金の年利を下げる形で3年前後の時間で返済していく借金の整理の方法です。任意による整理は警察等をはじめとする公の機関が管理することがないためこれとは異なる計画と比較しても、手続きを取った場合の不利益が少なく、過程も依頼人に最も頭の痛い問題になることはないため一番初めに比較検討していただきたいやり方といえるでしょう。くわえて、債権を有する者がサラ金などの高い金利の場合には、利息制限法が明記している利子に加えて支払った借入金利は元金に充てるとみなされ元金自体を少なくすることも可能です。ですから、サラリーマン金融などの法外な借入金利を取る業者へある程度長い期間返済しているケースではかなりのお金をカットできる場合もあり、10年くらい返済を続けているケースなら負債そのものがなくなるような場合もあります。任意整理の利点を挙げると自己破産と違い一定の借金のみを処理することができるため他に保証人が関連する借入金以外だけを処理する際やマンションのローン以外について手続きしていく場合なども検討することも可能になりますし、築き上げてきた資産を処分することは要求されていないため、マイカーや不動産などの個人資産を持っているものの手放したくない場合にも活用できる債務整理の手順です。しかし、手順を踏んだ後の返済に必要な額と収入額を比較検討して適切に完済が見通せるのであればこの手順による方法を選択するほうが良いですが、破産宣告とは異なって借金自体がなくなるわけではありませんので、借金の合計がかなりになる場合においては実際に任意での整理の手続きを実行するのは困難であると考えるのが無難でしょう。